仮想通貨の用語集です1

SEP_327215200714_TP_V
ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
YUKA_YUKAhon15194849_TP_V

 

こんにちは、ひなです。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます☆

昨日は暑かったですねぇ💦💦💦
いよいよ本格的な夏がすぐそこまで近づいてきているのですね。

今回の記事は近所の大きなカフェで書いているのですが
何かの間違いか、暖房が効いていました(´Д` )

ある意味なかなかできない経験、汗びっしょりになりながら書きましたので
途中で意味のわからない言葉や言い回しがありましても、そこはスルーでお願いします!(冗談です!ちゃんとやります)

さてさて、この「ひなのAWAブログ」のアクセス数が日に日に伸びています。いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます☆(2回目)。

最近ではAWAのこと以外にも仮想通貨関連の記事を書くことが多くなっていますので

仮想通貨にご興味を持たれている方がかなり増えていると感じています。
そこで今回は用語を、今後仮想通貨関連の話でよく出てくる用語をいくつか簡単にですが作成してみました。

わからない言葉があった時のための参考にでもなれば幸いです。

どうぞよろしくお願いします☆

サトシ・ナカモト

仮想通貨で最も有名なビットコインを発明したとされる人物を称する氏名。

2008年に「ビットコイン:P2P電子通貨システム」の論文をネット上に発表。

本名なのかどうかも含めて当該人物の正体は今現在は不明となっています。

satoshi

またサトシ。こちらはビットコインの最小単位の呼び名として出てきます。

1ビットコインの1億分の1(0.00000001BTC)=1satoshi

アルトコイン

一般的にビットコイン以外の仮想通貨はアルトコイン(またはオルトコイン)と呼ばれています。

代表的なアルトコインにモナーコインやライトコイン、ドージコインなどがあります。

アルトコイン誕生の背景には、ビットコインの弱点(総発行枚数に限度があることや決済時に承認に時間がかかるなど)をカバーすることができるコインの開発が進んだことなどが挙げられます。

日々、多くの新仮想通貨が誕生しています。中には危険な仮想通貨もありますので、投資をする際には十分に気をつけてください。

ウォレット

直訳ではお財布。自身の持つ仮想通貨を保管したり送金するにはこちらが必要となります。

もちろん現物として存在するものではないので、これもネット上のものです。

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========

お財布というより銀行口座のようなものと言うほうがわかりやすそうですね。

cryptocurrency(クリプトカレンシー)

仮想通貨の英語表記であり正式名称です。

直訳すると暗号通貨。仮想通貨という呼び名はわかりやすい表現ということで日本でのみ使われています。

取引所

仮想通貨を購入したり現金に換えることを行うにはこの取引所に口座をもつ必要があります。

有名なのはbitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)Kraken(クラーケン)などなど

日本だけでも多くの取引所があります。

取引方法のお手軽さや信頼性、手数料など、取引所ごとの強みがありますので、登録する際はどれを重要視するかを慎重に判断なさってください。

ハードフォーク

1つの仮想通貨が2つに分かれること。

互換性のないアップデートのようなものです。

アップデート前(旧仕様)とアップデート後(新仕様)の交換取引は認められません。

2016年、イーサリアムがこのハードフォークを行い

イーサリアムとイーサリアムクラシックに分かれました。
また、分裂せずに旧仕様の仮想通貨もすべてアップデートする

ソフトフォークというものもあります。

 

ハッシュレート(採掘速度)

 

仮想通貨のネットワーク内における計算能力の測定単位です。

hash/s(1秒間に1ハッシュの計算)という使い方をされています。

K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)といった接頭辞と合わせて使われ、THsのように省略されて使われることもあります。

例としまして

「ハッシュレート1TH/sに達しました」という言葉が出ていたら、

1秒あたり1兆回分のハッシュの計算を行うことができるということになります。

 

fintech(フィンテック)

finance(ファイナンス=金融)technology(テクノロジー=技術)
組み合わせた造語です。

日本では金融テクノロジーや金融ITと呼ばれることもあるようです。

その名の通り金融サービスの新時代を切り開く技術であり

これは仮想通貨だけにとどまらず、あらゆる金融サービスのシステムや産業構造の変革、

例えば決済や送金、口座管理などでの不正監視から

資産運用に関して人工知能が助言をしてくれるサービスまであるようです!
今回は以上となります。
そのうち、より細かい用語の解説もしていけたらと思います。

少しでもわかりやすく説明できるようひなも頑張りますので、またよろしくお願いします!

それでは、次回の記事もお楽しみに☆

ひなでした( ´∀`)/

一緒に勉強しませんか?


AWAクルー_170413_0031

ひながこういうことを勉強しているAWAでは、
メンバーで情報交換をしながら上場済仮想通貨についてお話したり、

AWA自体がこれから仕掛けようとしている
仮想通貨や金融のとんでもない仕組みを
シェアしています。メンバーは好きなものを選んで参加でき、
この大きく広がっていくフィンテックの世界で
資産形成を目指していけます。

全国でセミナーもやっていますし、
メールマガジンに登録して情報をとることもできます。
ぜひ下記リンクをみてみてくださいね!
それでは、今日もお読みいただいてありがとうございました★

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
=======
AWAにはいってみたいぞ!
というかたはこちら
登録30秒です!
%e3%81%82
========

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です