ビットコインが暴落する?ハードフォーク問題とはなんぞや?

oo
ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング

こんにちは。ひなです。

6月もそろそろ終わりに近づき、だんだんと暑い日が増えてきましたね。

夏に向けてダイエットしよう!!!

 

なんて日々思っています><

 

さてさて、最近の日経新聞の記事で、

「ビットコイン1強に変化?暗号通貨の行く末は・・・?」

みたいな記事がありましたね。

 

記事をまとめると※日本経済新聞様より

・暗号通貨全体の中でのビットコインのシェアは、これまで90%あったものが40%台まで低下

・イーサリアムは全体の30%程度

・急騰や急落があるので、まだまだ市場としては安定していない

 

みたいな感じです。

その中でもひなが気になったのは、

ビットコインは8月1日に大きな節目を迎える

という予言のようなもの。

 

今回のテーマはこちらにしてみたいと思います。

 

というわけで、本日のお題は

ビットコインのハードフォークとは何か?

です。

それでは、いってみましょう。

ビットコインのハードフォーク?それ暴落するの?

 

フォーク! と書かれると、あのフォーク(変化球じゃないほう)しか思いつかないひなですが、

意味を調べてみました。

ただなんか難しそうなので、シンプルに説明したいと思います。

ハードフォークとは、これまでのビットコイン とこれからのビットコインを分けてしまうこと。

つまり、ビットコインが分裂することを意味している様子です。

管理の方式や運営のルールが異なるビットコインA とビットコインBが世の中に出現するという感じですね。

 

過去にはイーサリアムがハードフォークをして、

イーサリアムとイーサリアムクラシックに分割されました。

現在はそれぞれにそれぞれの価格がついていますよね。

 

ちょっと昔の話でいうと、シャ乱Qが分割してシャッターズとRAMにわかれるみたいな感じでしょうか。

(つたわりにくくてすみませんw)

 

分割するならすればいいじゃん!という風に思うのですが、

これが暗号通貨界の1位で発生してしまうと、

世界的な信用にかかわりますし、すでにビットコインで決済ができるようなお店はどっちに対応していけばいいの?

みたいな混乱が発生するために、

この問題が議論されるだけで価値は大きく下がるというような状態が起こっています。

 

対してソフトフォークとは何?おいしいの?

 

はい。ハードフォークは内輪もめの喧嘩わかれ。ということはなんとなくお伝えできたかと思います。

では次にハードフォークと対をなす概念であるソフトフォークを見てみましょう。

ここは簡単にいきますね。

ハードフォークがお別れだとすると、ソフトフォークは和解である。

みたいな感じです。

 

分裂させることなく、現状のビットコインのルールを一部変えて運用をみんなでしていく。

という内容です。

ただ、何を変えるの?どう変えるの?いつからかえるの?

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========

みたいなところは運営主体がない暗号通貨では、長い議論になりそうです。

 

ハードフォークもソフトフォークもないぜ?という意見もある。

 

これはそのままですが、

ハードもソフトもどっちにも転ばず、そのままいくかもね?という意見の方もいらっしゃる様子です。

ノストラダムスの大予言ではないですが、1999年7月に、、、みたいなのを

結局何もないよね?という意見です。

 

じゃあ、私たちの資金はどこに置けばいいの?

 

結局きになるのは、ここですよね。

「私のお金がいったいどうすれば被害にあわず、増えていくのか」

多くの方にとって実はそれ以外は問題ではないかもしれません。

 

ひなも勉強中の身ですので答えはないのですが、

火のないところに煙は立たぬ。ですので、

とりあえずビットコインでもっているものはイーサリアムにお引越しかな・・?

と思っています。(ただ、このハードフォーク問題で暗号通貨市場全体が落ちるという見方もあります)

 

ただしこれは投機の世界。投資で考えるとどうか?

 

あるあるな考え方ですが、

よくわからなくなったら、「本質は何か?」と考えることがいいのかなと思います。

ビットコインが下がったとしても、世界22億人の銀行口座を持たない人の生活を変えるツールであることは

変わらないし、

それぞれのアルトコイン(ビットコイン以外のもの)も、

数値の上下だけでなく、

そのアルトコインが作りたい世界、成し遂げたい未来があったりします。

そこに対して共感できるなと思うものに投資をする。 というのが、

100万円あったらある程度の割合であってもいいと思っています。

もちろん、増えるにこしたことはないですが。

 

そうやって考えると、いまこの通貨があがってるから、という投機面だけでなく

これがひろまった世界が楽しそうだから。という投資面で考えてみるのも

たのしい暗号通貨との関わり合いかなと考えます。

 

そういう意味では、株式投資と変わらないですね☆

 

本質的に価値のあるものが暗号通貨になっていればOKじゃない?

 

最終的にいきつくのはここになります。

だれが何といおうと価値のあるものが暗号通貨であれば、

それ以下には絶対になりません。

それが、いまひなたちが所属しているAWAで扱う暗号通貨のキートークンですね。

キートークンは、その価値の中にビットコインとイーサリアムに追加し、純金も入っています。

つまり、金の価格がゼロにならない限りはキートークンの価値はあり続けるということです。

これ考えた人なかなかあたまいいな。。。

 

世の中が荒廃すると、人々の資金は安全な資産である金に逃げていくというのは有名な話ですが、

安定性を保ちつつ価格上昇も目指していけるキートークンはけっこう今の時代につよいのかな?

と思っています。

一緒に勉強しませんか?


AWAクルー_170413_0031

ひながこういうことを勉強しているAWAでは、
メンバーで情報交換をしながら上場済仮想通貨についてお話したり、

AWA自体がこれから仕掛けようとしている
仮想通貨や金融のとんでもない仕組みを
シェアしています。メンバーは好きなものを選んで参加でき、
この大きく広がっていくフィンテックの世界で
資産形成を目指していけます。

全国でセミナーもやっていますし、
メールマガジンに登録して情報をとることもできます。
ぜひ下記リンクをみてみてくださいね!
それでは、今日もお読みいただいてありがとうございました★

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
=======
AWAにはいってみたいぞ!
というかたはこちら
登録30秒です!
%e3%81%82
========

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です