暗号通貨が何故、広まってきているのか?

hakama
ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング

みなさん、こんにちは   ひなです。

ゴールデンウィークはあっという間に終わってしまい、普通の生活に戻ったひなです。

なかなかギアが入らなかった為にひなは、酵素風呂と言うのを体験してきました。

体温が1℃下がると免疫力は0.7倍に低下すると言われていまして

逆に、体温が1℃上がると免疫力は5~6倍に上昇すると言われているんです。

酵素風呂は砂風呂のように人体に有用な酵素と檜チップ、そして、

米ぬかを混ぜた檜 酵素風呂に身体をうずめることで、身体の芯を温め、大量の発汗を促すのですが

身体がポカポカして本当に疲れが抜けました。

皆さんのリラックス方法もあれば教えてくださいね。

今日のお題は、なぜ法定通貨じゃない
暗号通貨が、世の中にどんどん普及していくのかについて書いていきたいと思います。

暗号通貨は必要性があるから普及していく

 

これはずばり必要性があるから普及していくんです。
すでにお金っていうものは太古の昔に生まれて

 

そのお金っていう形で世界中で使われているわけですよね。

新しいタイプのお金っていうのがそもそも
必要性がなかったら生まれる必要がないんですよね。
でも、この暗号通貨なるものが誕生し

それが世界に向けてどんどん発信され、
そしてどんどん普及していっています。

 

それはずばり必要だからなんです。

 

では、どういう点において必要なのでしょうか?

送金の手段で必要

暗号通貨が必要な理由はずばり

それは送金の手段です。

 

送金、つまりお金を送る手段として
ものすごい必要性を持っているんですね。

そう聞いたところで『そんなことないでしょ?』
『現に今日銀行で振り込み手続きしたよ!』
って方もたくさんいると思います。

ここで考えてみましょう。
あなたは銀行口座を必ず一つは持っていますよね。

銀行はいろいろありますね?

メガバンク、地方銀行、信用金庫 ゆうちょ銀行、ネットバンク様々あります。

 

一つだけ確実に言えること
あなたは間違いなく口座を1つは持っていると言う事です。

日本人であればそうだと思うんです。
でもですね。
これが当たり前ではないんです。
日本ってすごく恵まれた国なんです。

日本の中だけでは理解しにくいのですが
日本は、すごく恵まれた国で銀行網が非常に発達しています。

例えば東京で振り込み手続きするとしまして

大阪にお金を振り込むとして少なくとも
昼の3時より前に手続きすれば
その日のうちに届きますよね。

 

これがあるいは昼の3時を過ぎていたとしましても
それでも翌日に届くんです。

 

しかも送金するのにかかる費用は数百円の手数料。
これは日本では、当然の事ですよね?
でもですね、残念ながらそれは世界の常識ではないんです。
そうそう海外ではこんな便利に送金ができる所が無いです。

 

ではフィリピンではどうでしょう。
国民の30%~40%しか口座を持っていないんです。
では、銀行口座を持っていない人にどうやって振り込みをしますか?
困りますよね。
お金を送るということに関して大きな問題があるのです。

 

お金を送る海外の問題点とは

例えば海外送金だけで考えてみましょう。

フィリピンからに日本に出稼ぎきてる人いますよね?
それで本国にお金を送金しようってなっても

本国の家族が口座を持っていなければ送れない。
困りますよね?
あるいは国内でお金を送るということに関して口座を持っている、
という状況で考えたとしても

 

 

例えばアメリカでは?どうかと言いますと
ニューヨークからロサンゼルスにお金を振り込むとして

 

 

もちろん先進国だから口座を持っている人もたくさんいますよね。
では、ニューヨークからロサンゼルスに手続きをするとします。

 

日本の常識では先ほども確認した通り当日、翌日に届きますね。
アメリカではどうだと思いますか?
3〜5日かかります。 
凄い、日にちがかかるんです。
手数料は日本の常識では数百円ですね。

 

アメリカでは数千円かかるんです。
一回でです。
凄く負担になりますよね。
国内でアメリカのような先進国で

お互い口座を持っているから口座間で振り込みをしても
3〜5日かかると言う事です。

さらに、毎回手数料が数千円もかかるんです。
海外では、送金って大変って事がわかりましたね。
そう考えると、フィリピンは新興国として発展している国です。

開発途上国っていう状態じゃなくかなり発達していて

そろそろ先進国に発展しようか?
っていう位に発展している国です。
しかし、国民の30%しか持っていない。
 

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========

世界中そんなところはどこにでもあるんです。
そうなると送金が非常に大変ですよね?
考えてみましょう。
 

個人から個人に銀行を通さず
お金を送れたら有りがたくないでしょうか?

 

例えばフィリピンは国民の30%~40%しか
銀行口座を持っていないんです。
ですが、携帯電話や、スマートフォンですね。
普及率が人口比100%を超えているんです。
日本では110%近くあるのですが、フィリピンも同じだけあるんです。

 

日本と同じようにみんな携帯持ってるんです。

 

スマホをみんな持っているんです。
では、考えてみてください。
日本で出稼ぎしてるフィリピン人が
日本で働いてお金を家族に送金するとします。
今までは送金代行サービスを使っていました。
代表的な物では例えばウェスタンユニオンとか使って送金していたんです。

 

そうすることでフィリピンからどこにでも
送れるという状態が作れますが
手数料が非常に大きいのです。

 

5万円送金するのに5千円くらい取られます。
約10%です。

 

でもスマホからスマホに直接お金が後れれば
どうでしょうか?
さらに、手数料が0に等しければ?
これ最高だと思いませんか?
だんだんわかってきましたでしょうか?

必要性が高まる暗号通貨

暗号通貨とは政府を介在しないお金です。

 

銀行も個人間の取引がいつでもどこでも
誰でもが、どの国にいても送る事ができるお金です。
日本では国内送金を考えた時に翌日までに届くし
手数料数百円非常に便利ですね。

 

しかし、何度もいいますが
それは世界の常識ではありません。

アメリカは3〜5日送金するのにかかります。
しかも手数料が数千円と高い。

欲しくないでしょうか?
手数料なしですぐに届くお金。

そして新興国。 ものすごく欲しいですよね?
口座を持っていない人が
これってものすごい大きなことなんです。
日本人で考えてもそうです。
グローバル時代の中で国内と海外でやりとりする人が
どんどん増えてきています。
例えば企業、会社がプログラムを発注したら

日本のプログラマーではコストが高いですね。
そこでですが、インド在住の人に依頼をするとして

日本にいる私がインド在住のプログラマーと
スカイプでやりとりをしたとします。
やりとりをして条件を決めて
納期決めて発注します。
それで、お願いしますとなった場合
これまでなら私はどうしなきゃいけなかったかと言いますと

 

発注したらすぐ銀行に行きます。
銀行に行って国際送金の手続きを行うんです。
まあまあ面倒臭いですよね。

 

しかも手数料が高いのですがそういう風にするすか無いですね。
そうして約1週間から10日でインドにお金が届きます。
そして連絡が入るんです。
『確かに着金しました。なので着手します。』
こういう流れでした。
ですが、これが直接すぐに送れたらどうですか?
スカイプでプログラムを依頼すると決まって発注しました。

で受注しますってことでインド在住のプログラマーが受注しました。

 

『今からお金送りますね』とスマホでぴっぴっと
送ってパソコンの画面上にすぐに反映されます。
『はい届きました。』
っていう風に向こうが受け取ります。
そうなった場合
では、今から着手しますって話になる訳ですよね。
このものすごい勢いで時代が流れている現代において
発注してから1週間後じゃなければ
スタートしてもらえないのと
この1週間のロスなくすぐ作業してくれる。
これすごく大きくないでしょうか?
一時が万事そうなっていくと思うと
大きな差になると言うことですね?
だんだんわかってきましたでしょうか?

まとめ

暗号通貨なぜ必要なのか
送金という部分がメリットがあるんです。

 

日本は銀行が非常に発達しているまれな国なんです。

 

国内送金に不便を感じたことがない。
国際送金なども普段なかなかしない
って人が多いですね。
送金手段が必要な理由ってぴんと来ないですよね?
だから日本人はなんで暗号通貨必要なの?
いらないでしょ?
と思う人が非常に多いんです。
でも世界では常識ではありません。
先進国、開発途上国であっても送金に瞬時、
手数料がかからないものを待ち望んでいたんでいた訳です。
だからこそ世界では広がっているんです。

 

その一方で日本人が暗号通貨
なかなか受け入れられない理由として
その必要性が感じられないっていう部分があるんです。

 

ですが、それは世界の常識ではないと言う事が分かりました。

 

AWAでも暗号通貨に積極的に参入しています。

是非、全国で行っているセミナーでAWAが発行している暗号通貨について

お話しを聞きにきてくださいね!

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

一緒に勉強しませんか?


AWAクルー_170413_0031

ひながこういうことを勉強しているAWAでは、
メンバーで情報交換をしながら上場済仮想通貨についてお話したり、

AWA自体がこれから仕掛けようとしている
仮想通貨や金融のとんでもない仕組みを
シェアしています。メンバーは好きなものを選んで参加でき、
この大きく広がっていくフィンテックの世界で
資産形成を目指していけます。

全国でセミナーもやっていますし、
メールマガジンに登録して情報をとることもできます。
ぜひ下記リンクをみてみてくださいね!
それでは、今日もお読みいただいてありがとうございました★

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
=======
AWAにはいってみたいぞ!
というかたはこちら
登録30秒です!
%e3%81%82
========

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です