ひなとビットコインと乱高下

CAT9V9A9159_TP_V1
ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング

こんにちは、ひなです。

 

3月31日ですね。

もう、一年も四分の一が過ぎ去ってしまいましたね。

 

…あっという間すぎるっ!

 

なんだかいつもそんな事言っているような気がしますが。

だって、あっという間過ぎませんか??

焦ります。

ほんとーに焦ります。

この「あっという間感」があと3回で年末だなんて~。

きっと9か月後も、あっという間だーって騒いでいる未来が今から見えます。

ちなみに、笑っていいとも!が放送終了したのは3月31日なんですって。

 

2014年の。

 

あれ、終わったのって去年ぐらいじゃなかった!?て思いませんでしたか?

ひなは思いました。

多く見積もっても一昨年。2015年ぐらい。

3年もたってたなんて…

やっぱりあっという間すぎる(笑)

 

「光陰矢の如し」と言いますし、新しい事をたくさん体験すると時間が経つのを長く感じるとも聞きます。

日々色んなことにチャレンジしていきたいな!と改めて感じた年度末でした。

 

 

価格の高騰

暗号通貨界隈がざわざわしている今日この頃ですが、今日はビットコインについてお話しようと思います。

最近値段が乱高下しているビットコインですが、何が起こっているのか?

 

まず大前提として、ビットコインを持っている大半は中国の富裕層であるということ。

中国の富裕層の方々は、あまり人民元に信用をおいていないのです。

資産を分散しておかないと、痛い目にあうのは自分ですから。

だから外貨に換えたりして、分散させる。

日本ではやろうと思えばとても簡単な事だけれど、中国ではなかなか思うようにはいかないのが現状です。

なぜなら中国当局は国内資産の流出には大変シビアだから。

中国では外貨に交換できる金額の上限があります。

一人当たり一年で5万ドル。

ひなからしてみれば大金ですが、億単位を持っているお金持ちの人達にしてみればほんのちょびっとだと思います。

しかも交換する時にとーっても細かい書類を書かなければならない。

労力の割りにリターンが少ないというか。

 

そこで目を付けたのが仮想通貨です。

ビットコインはできたばかりで、規制も何もない。いわゆる抜け穴ですね。

たくさんの人民元がビットコインに流れて、ビットコインの価格は跳ね上がりました。

 

 

価格の暴落

ビットコインの利点のひとつは、その手軽さにあります。

ぴっと操作すれば、驚くほど手軽に素早く手元から地球の裏側にだって送ることができるのです。

人民元→ビットコイン→資産を国外に持ち出す。それが簡単にできる。

それを富裕層の人たちは見逃さず利用したんですね。

そして、もちろんそれを中国当局が見逃すわけがありません。

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========

日本では物事を決めるのに非常に時間がかかります。

会議だ話し合いだ採決だなんだ。政権によっては否決したり、変わったら可決したり。

決めた後も、発表した後さらに施行まで時間があったり。

でも日本と違って、中国では物事を決めるのに時間はあまり必要ないのです。

スピーディと言うべきか、アグレッシブと言うべきかはさておき。

やると言ったら、賛同を得なくても発表してなくても強行できちゃうのです。

 

中国にある仮想通貨の取引所に規制のための捜査が入る。

それが判明した途端、人民元買戻しによるビットコイン売りが発生。

その結果、2017年1月頭に15万円まで高騰したビットコインは、その日の夜に8万円台まで暴落したのです。

 

 

3月の高騰

1月に暴落したビットコインは徐々に値段をもどしていき、3月の頭に再び高値をつけました。

何故か?

それは米国SECによりビットコインETFが承認されるかもしれないから。

 

…訳が分からないですね!(笑)

SECというのは、米国証券取引委員会のこと。

ETFというのは、上場投資信託のこと。

 

つまりは、ビットコインが投資信託の銘柄のひとつとして承認されるかもしれないから、ということ。

ひとりひとりがビットコインの売り買いをしている今の状態だけでなく、投資信託の銘柄のひとつとなることで今よりも需要が高まる、ということですね。

需要が高くなればビットコインの価格が高くなるのです。

だからETFに承認されてビットコインの値段が高くなる前の、安い今のうちに買っといて、高くなったら売ってもうけようぜ!

て人がたくさんいたから値段が急上昇したのです。

ちなみに、ひなもその中のひとりですw

 

 

3月の暴落

まあ、ひとことで言うと…

ETFに承認されなかったってことです(苦笑)

ダメだこりゃ!と値段が高いうちに利益確定をするため、みーんなが売りに走った結果ガガーっと値段が下がっちゃったのです。

ちなみに、ひなもその中のひとりですwww

まあ、もともとハイプする時にビットコインは買っていたんですけどね。

 

 

結局のところ

ビットコイン価格の高騰や暴落には理由があることがほとんどです。

そして、それは情報を集めていればある程度把握できます。

なので利益を出すことも、損失を最小限に抑えることも不可能ではないんです。

 

ただ、常にパソコンにかじりついて情報をサーチし、チャートを睨んでいられるかというと、なかなかそうは行かないのではないでしょうか。

気が休まらなくて疲れちゃいますしね。

やっぱり、ひなには放置できるAWAがむいているのかな、と思いますね。

楽ちんが一番ですw

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です