フィンテックは銀行と共存できるの?

image
ランキングサイトに登録しています!
バナーをポチッとおして応援お願いします☆


皆さんこんにちはひなです。

春のポカポカ陽気も増えてきました。

そろそろ花粉が飛ぶようになってきましたが皆さん対策は万全ですか?

花粉対策もいろいろある中で私が気になったのがアレルギー舌下免疫療法です。

免疫療法とは?

アレルギーの原因となるものを徐々に与えて、それに対する抵抗力をつけると言

う方法はアレルギー免疫療法といいます。

舌下から吸収することで、アレルギー反応に深い関係のある免疫機能を持ってい

る、顎の下の左右にあるリンパ節にエキスが届きやすくなります。

スギ花粉に対して舌下免疫療法は有効な方法だそうです。

まさか原因の物質を少量ずつ体に入れて言って免疫力を高めるという治療はびっく

りしました。

 

また今日、3月11日東日本大震災のあった日です。

当時の事は私もよく覚えていて津波によりたくさんの命が奪われました。

東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

KIM150922376844_TP_V

 

それではそろそろ本題に移ります。

前回、フィンテックについて書きましたが、まだまだフィンテックは奥が深いです。

今回もフィンテックについてお勉強していきましょう。

送金手数料がかからなかったり、送金スピードが従来よりもものすごい早いと何

かと便利なフィンテックですが、「フィンテックで銀行が潰れる」と言われること

がありますが、少なくとも日本では事情が異なりそうです。

 

日本とアメリカの金融事情の違い

 

アメリカでは18世紀後半の独立前から、金融の世界の主役は役所ではなく民間

した。

「決済」や 「送金」の機能も、取引の安全を守る「セキュリティ」もう民間の手

で築かれました。

合衆国政府が日本の日銀にあたる中央銀行、FRB(連邦準備銀行)を設立したのは

1913年で、20世紀に入ってからです。

それまではドルの紙幣も民間の銀行が印刷、発行していました。

一方、日本の銀行制度は、明治時代の初めにヨーロッパにならって整えられ、

最初から役所が金融をコントロールしました。

円のお札を発行する日本銀行が設立されたのは1882 (明治15)年です。

役所が「決済」や「送金」の仕組みのお手本を示し、民間がそれにならって銀行

を設立していきました。

これが、日米の銀行の始まりの違いです。

 

わかりやすく言えば、民のアメリカ、官の日本です。

日本がお手本にしたヨーロッパも 官 が主体でした。

これはどちらが良い、悪いと言う話ではありません。

 

政府に頼らずに国民が国を発展させてきた「独立独歩」を愛するアメリカと、

「お上」がお手本を示して、国民はその通にやっていればうまくいった日本

との文化の違いです。

Web
=======
メルアド登録だけで資料請求できます☆
はいられた方へのサポートも好評ですよ^^
%e3%81%82
========

日本ではフィンテック企業は金融機関のパートナー

 

ベンチャーが旗揚げしやすいのは、独立独歩を愛するアメリカの方です。

フィンテックベンチャーも、金融機関よりはアップルのようなハイテク企業や

eBayのようなベンチャー、スターバックスのような消費者と直接関わる小売や

飲食の企業と提携して、そのビジネスを拡大させていきました。そのため、

ゴールドマン・サックスやシティーバンクに代表される金融機関とはビジネス

が競合して、ライバル関係になることが少なくありません。

一方、日本の場合はお上が民にお手本を示す文化なので、フィンテックは

ベンチャーではなく、メガバンクと呼ばれる三菱UFJ、みずほ、三井住友などの

金融機関がアメリカの事情を調べて研究して手を伸ばし、それを国がバック

アップする形で始まりました。

日本の金融機関は競ってフィンテックベンチャーのサービスを自らの陣営に

取り込もうとしていますから、両者の関係はライバルではなく、友好的な

協力者なのです。

ですから、よく聞かれる「フィンテックで銀行が潰れる」という言葉は、お互い

がライバル関係にあるアメリカに当てはまる話です。

日本ではアメリカと違って金融機関とフィンテックベンチャーが友好関係

ありますが「フィンテックで銀行が強くなる」と言ったほうが適切でしょう。

日本にいる金融機関の利用者としてはどんな会社が、どんな斬新なフィンテック

サービスを始めるか?に関心を持つのも面白いですが、「私が口座を開いている

金融機関は、フィンテックでどんなサービスを始めるのか?」に関心を払って、

その成り行きに期待しても良いでしょう。

それでもフィンテックの発展に乗り遅れて、取り残される事はないと思います。

fintechstartuplist

まとめ

 

今年はフィンテック元年と言われています。まだまだ始まったばかりで本屋の

資料もまだまだ少ない状態です。

ホワイトフォックスベンチャーズはフィンテックのリーディングカンパニー

目指しています。

リーディングカンパニーの意味は一定の業界で指導的地位にある企業」です。

ホワイトボックスベンチャーズの100%子会社のホワイトボックスジャパンの主催

しているAWA(オルタナティブ・ウォールストリート・アカデミー)では、

最新のフィンテックが学べます。

ぜひ私たちと一緒に始めてみませんか?

 

各地で開催されているAWAアカデミーは、

参加無料です(*´∀`*)

是非、一度足を運んでは如何でしょうか!?

AWAについて気になる方はいろいろ書いているのでこっちの記事もみてみてね!

⇒AWAの4つのシステムとは?

それでは、次回の記事もお楽しみに☆彡

ひなでした( ´∀` )

=======
メルアド登録だけで資料請求できます☆
はいられた方へのサポートも好評ですよ^^
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
バナーをポチッとおして応援お願いします☆



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です