仮想通貨とはなんぞや?

%e9%87%91%e8%b2%a8%e2%91%a0
ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
%e9%87%91%e8%b2%a8%e2%91%a0

こんにちはひなです。

 

最強寒波が来ています。

皆さん大丈夫でしょうか?

この寒さで手のあかぎれが増えました。

本当にあかぎれ痛いですよねえ。

 

 

今回は仮想通貨の勉強をしたいと思います。

ひなはAWAに入るまでは仮想通貨って言葉は聞いた事ありませんでした。

TポイントカードやSuicaと混合してしまいそうですが全然別物です。

では仮想通貨の勉強をしていきましょう!

 

仮想通貨とは?

 

仮想通貨とは、紙幣ではなく暗号通貨(ブロックチェーン)によって管理

された電子通貨を使った決済システムの事をいいます。

例えば、電車に乗る時に使うSuicaや自動車のETCカード、Tポイント

カードなどもある意味デジタル通貨の一種です。

出始めは持っている人が少なく、批判もありましたが、今では複数種類の

電子マネーはたった一枚で交通機関の利用やその他の買い物も出来る様に

なりました。

ひと昔に比べて本当に便利になってきました。

 

が、仮想通貨は決済だけでなく全ての取引履歴を暗号化して記憶するという

違いがあります。

今世界で600種類以上あるといわれてます。

 

 

仮想通貨の種類

 

 

600種類以上ある仮想通貨ですが、2016年12月のランキングでは

 

1位  ビットコイン

 

2位  イーサリアム

 

3位  リップル

 

4位  ライトコイン

 

5位  モネロ

 

となっています。

 

この代表的な5種類の仮想通貨を紹介します。

 

ビットコイン(BTC)

 

仮想通貨で一番有名で、一番普及している通貨。

2016年では仮想通貨市場の8割以上のシャアを占めていて、仮想通貨の中で

基軸通貨の役割を果たしています。

2008年10月31日に「ナカモト サトシ」という人物が投稿した論文から

始まりました。

これを元にして作られたソフトウェアが、世界初の仮想通貨 ビットコインです。

最近決済出来る店舗も増えてきて、先日「コメダ珈琲」で支払い待ちしていると

「支払いはビットコインで」っと前の方が言っていたので見ているとスマホを

機械に当てて即決済していました。

 

イーサリアム(ETH)

 

ビットコインの次に有名なコインです。

ビットコインとの違いはビットコインの技術に新たな技術を加えて新たな価値を

創造しようとする形です。

マイクロソフトなどの巨大企業なども協力する事をきめていて何かと話題です。

 

リップル(XRP)

 

リップルはネットワーク上で安価で高速な送金、トレードを実現させるための

プラットフォームです。

金融機関などのバックエンドで使用される代替通貨として、様々な金融資産を

安価、高速、セキュアに流通させるために機能していくと考えられています。

 

ライトコイン

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========

 

ライトコインは第2のビットコインを目指して作られた仮想通貨です。

基本的にはビットコインと同じですが、ビットコインより埋蔵量が多かったり、

ビットコインの問題点といえる、決済スピードなどの問題点を改良した通貨に

なっています。

 

Monero(XMR)

ビットコインよりも完全な匿名送金を目指している仮想通貨です。

リング著名というものを利用して匿名送金の技術はかなり高い評価を得ています。

 

 

仮想通貨の魅力

 

 

仮想通貨の魅力は何といっても 送金 です。

例えばフィリピンから日本に出稼ぎに来ている方が自国に送金するには

金融機関を使わなければなりませんでした。

それなりの手数料を払わなければなりません。

そこで仮想通貨を利用すると、ほとんどコストがかからずに送金できます。

現在でもビットコインでよいなら、24時間、世界中のどこに送金しても

手数料はほぼ無料といっていい金額です。

 

もう一つは例えばクレジットカードで決済した場合の事業者が負担する

手数料はおよそ5% 仮想通貨の手数料はほぼありません。

例えばAmazonを利用されている方は多いと思いますが、クレジット決済が

ほとんどです。

 

この決済方法が仮想通貨に変わると、Amazonの今期の売上は約231億ドル。

その5%、つまり約11億ドルの利益が増える事になります。

世界中で即時決済されるので、さっきもふれた様に金融機関の都合でタイムラグ

が発生する事もありません。

Google、アップル、マイクロソフト、IBM、ナスダック、日本では楽天、NTT、

リクルートなど世界で名だたる企業が参入してきています。

このコストがかからない送金システムは、金融機関の側でも積極的に研究・開発

されています。

 

三菱東京UFJ銀行は仮想通貨「MUFGコイン」を独自に開発、行内で流通させることで

金融取引のコストを削減する実験中です。

実現すれば、送金や振り込み手数料が安くなる可能性があります。

このMUFGコインは今年から一般むけに発行する予定で、利用者同士なら、安い手数料

で送金しあうことが可能になるそうです。

 

横浜銀行や住信SBIネット銀行が開発中のシステムは、仮想通貨上位の「リップル」を

開発したリップル社のシステムを日本向けにカスタマイズしたもので、今年から稼働

予定です。

 

これが実現すると、金融機関側のコストは10分の1から20分の1に下がるとか。

安い手数料で、24時間365日、国内外への送金が可能になるわけです。

30程度の金融機関が参加を予定しています。

 

 

まとめ

 

 

仮想通貨の魅力は投資という観点の見方が大半ですが、その点は次回にします。

仮想通貨は我々の生活のなかに徐々に入ってきています。

振り込み手数料がなく決済ができれば、通販事業も伸びていくだろうし、それを

運ぶ物流事業も伸びるでしょう。

銀行はどう生き残れるのか?

仮想通貨はまだ始まったばかりです。

AWAでもAWA内で流通している「AWAコイン」、ビットコイン、イーサリアム

と金の裏付けのある「キートークン」が発行されています。

次回の記事もお楽しみに。

一緒に勉強しませんか?


AWAクルー_170413_0031

ひながこういうことを勉強しているAWAでは、
メンバーで情報交換をしながら上場済仮想通貨についてお話したり、

AWA自体がこれから仕掛けようとしている
仮想通貨や金融のとんでもない仕組みを
シェアしています。メンバーは好きなものを選んで参加でき、
この大きく広がっていくフィンテックの世界で
資産形成を目指していけます。

全国でセミナーもやっていますし、
メールマガジンに登録して情報をとることもできます。
ぜひ下記リンクをみてみてくださいね!
それでは、今日もお読みいただいてありがとうございました★

=======
AWAの秘密がセミナーで暴露中!
無料で参加する
%e3%81%82
========


ランキングサイトに登録しています!
1秒の応援で素敵な未来づくりをしましょう!

仮想通貨ランキング

ビジネス・業界ランキング
=======
AWAにはいってみたいぞ!
というかたはこちら
登録30秒です!
%e3%81%82
========

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です